FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【結果】2013年 F1 第8戦「イギリスGP」の感想。

まだシーズンの半分も終わっていないのに、マクラーレンが来シーズンに向けての開発にシフトしてしまったようで・・・

今シーズンも頑張るようではあるけれど、比率的には来シーズンの開発の方が大きい感じみたいだし、そうなると、今シーズンでの優勝は無理なわけで。。下手すると表彰台争いも無理になると思うと、テンションが急激に下がってしまった私です・・・


そんな事もあり、記事の作成意欲がほとんどなくなってしまったので・・・


とりあえず、第8戦【イギリスGP】私的感想です。



◆◇◆ レッドブル - Infiniti Red Bull Racing - ◆◇◆

セバスチャン・ベッテル
予選3位 決勝/リタイア)
今シーズンは4位以下が無かった彼ですが、ギアボックストラブルでリタイアとなり、ポイントを積み重ねる事ができず。

アロンソ(フェラーリ)ライコネン(ロータス)が予選よりも順位を上げてフィニッシュをしてポイントを稼いでいるので、これは少し痛いかな。。


マーク・ウェバー
予選/4位 決勝2位
このレースを前に、今シーズンでF1引退する事を発表。

相変わらず、スタートで順位を落とすと言う、お決まりの展開がなんともね~・・・(汗)
最終的には2位表彰台にまでもってきたけど、2度のセーフティーカー導入にも助けられた感じかな。


◆◇◆ フェラーリ - Scuderia Ferrari - ◆◇◆

フェルナンド・アロンソ
予選/9位 決勝3位
こちらもセーフティーカーの恩恵があった感じかも。もし、セーフティーカー導入が無かったら、表彰台は無理だっかもしれませんね。


フェリペ・マッサ
予選/11位 決勝/6位)
このレースで大問題となった「左リアタイヤのバースト」の被害者の1人。彼は10週目にバーストしていましたね。

その後は、チームメイト同様、セーフティーカー導入が幸いした感じで、6位まで順位を上げてフィニッシュ。


◆◇◆ マクラーレン - Vodafone McLaren Mercedes - ◆◇◆

ジェンソン・バトン
予選/10位 決勝/13位)
他のチームとは対称的に、セーフティーカー導入が災いしてしまったのかな・・・
1回目は特に問題ないとしても、2回目の再スタート後はなんですか・・・。せっかく入賞圏内を走行していたのに、成す術も無くあっさりと抜かれていって、ポイント圏外にさようならと・・・・・・


セルジオ・ペレス
予選/13位 決勝/リタイア[20位完走扱い])
「左リアタイヤのバースト」の被害者の1人ですね。彼に至っては、フリー走行の時も同じ現象にあったみたいで。。

レースの方は、チームメイトよりも上の順位で頑張っていたし、ダブル入賞も可能だっただけに、本当に残念です。


◆◇◆ ロータス - Lotus F1 Team - ◆◇◆

キミ・ライコネン
予選/8位 決勝/5位)
タイヤの熱の入り具合が問題だったのかな・・・?
全体的にパッとしない感じだったように思えました。まぁ、それでもしっかりとポイントを獲得してくるのが、彼の凄いところですね。


ロメ・グロジャン
予選/7位 決勝/19位)
14週目だったかな、チームメイトの方が速くて、順位を入れ替えるシーンしか印象に残っていないです(汗)。、と言うかそのシーンの最中にベルニュ(トロロッソ)「左リアタイヤのバースト」が起こったんですよね・・・


◆◇◆ メルセデスAMG - Mercedes AMG Petronas F1 - ◆◇◆

ニコ・ロズベルグ
予選2位 決勝優勝
素晴らしい走りで、素直に優勝を褒めたいところだけど、例の「タイヤテスト問題」があるだけにね。。どうしても、そのアドバンテージがあると思ってしまって、私的には速さをなかなか認められないです。

さらには、黄旗区間のスピードに関して問題があったみたいだけど、注意だけで終わり言うのがあったみたいで。。フェラーリはともかく、レッドブルマクラーレンだったら、高確率でペナルティがあったでしょうね。


ルイス・ハミルトン
予選ポールポジション 決勝/4位)
「左リアタイヤのバースト」の被害者。9週目の出来事でしたね。

セーフティーカー導入が無ければ、もう少し下位の順位だったのかも。大きく順位を落とした時期が序盤だったのも幸いしたかな。


◆◇◆ ザウバー - Sauber F1 Team - ◆◇◆

ニコ・ヒュルケンベルグ
予選/14位 決勝/10位)


エステバン・グティエレス
予選/17位 決勝/14位)


◆◇◆ フォース・インディア - Sahara Force India F1 Team - ◆◇◆

ポール・ディ・レスタ
予選/21位 決勝/9位)
本来ならば5番手からのスタート。でも、予選後の検査で車両規定違反で最後尾スタートに。毎レース、どちらかのドライバーに何かしらあるんですね・・・(汗)

まぁ、それはいいとして、、9位とは言え、最終的にポイントを獲得できたのは良かったと思います。


エイドリアン・スーティル
予選/6位 決勝/7位)
予選よりも1つ順位を下げてしまったのは、少し納得がいかないのかもね(汗)


◆◇◆ ウィリアムズ - Williams - ◆◇◆

パストール・マルドナード
予選/15位 決勝/11位)
あと少しでポイント獲得できただけに残念。でも、マクラーレンよりも上の順位でのフィニッシュで羨ましいです・・・


バルテリ・ボッタス
予選/16位 決勝/12位)


◆◇◆ スクーデリア・トロロッソ - Scuderia Toro Rosso - ◆◇◆

ジャン・エリック・ベルニュ
予選/12位 決勝/リタイア)
「左リアタイヤのバースト」の被害者。
後ろからロータス勢が順位入れ替えをしようとしていた時の出来事だったので、下手したらクラッシュもありえたかと思うと・・・?


ダニエル・リチャルド
予選/5位 決勝/8位)
予選では好調だっただけに、3つ順位を落としてのフィニッシュはね。。


◆◇◆ ケーターハム - Team Caterham - ◆◇◆

シャルル・ピック
予選/18位 決勝/15位)


ギド・ヴァン・デル・ガルデ
予選/22位 決勝/18位)



◆◇◆ マルシャ - Marussia F1 Team - ◆◇◆

ジュール・ビアンキ
予選/19位 決勝/16位)


マックス・チルトン
予選/20位 決勝/17位)



「左リアタイヤのバースト」は酷かったですね。

後日、ピレリ側「内圧を規定外にしていたから」とか「左右逆に装着していたから」などと、あくまでもチーム側が悪いような事を言っているみたいだけど、そもそも、そうしないとダメなタイヤを供給しているのが悪いわけで・・・
まぁ、ピレリ側が問題と言うよりは、そう言ったタイヤを要求しているFIA側が問題なのかもですね。ショー的要素を増やそうとして、人工的に水を撒いてウェットコンディションにしようと某人物が言っていたぐらいですから。

それはいいとして、、「タイヤ」がメインになるようなレースは面白くないのでやめて欲しいです・・・



さて、メルセデスAMG「タイヤテスト問題」の判決も出たみたいですが、特にお咎め無しって・・・・・・
「若手ドライバーのテスト禁止」なんて、「レースドライバーの2013年マシンでのタイヤテスト」に比べたらね。どちらが有意義なデータを取得できるのかと言えば、一目瞭然なわけで。

「スパイゲート事件」ではマクラーレン「全ポイント剥奪&約100億円の罰金」「クラッシュゲート事件」ではフラビオ・ブリアトーレの追放処分(だったかな?)」と比べると、事実上のペナルティなしの今回はあまりにもね・・・。裏で政治的取引があったのではと思ってしまいますよ。



それにしても、、マクラーレン・・・
もう冒険でマシン設計は辞めて。。確実にチャンピオン争いをできるようにして下さい。。

今年は優勝をする事は無理かな・・・」諦めます。
でも、来年もこうだったら私は怒りますよ。今年を犠牲にしてまで、既に来シーズンの開発に取り組み始めているんですからね。常に優勝争いをしていた、10年ぐらい前のあのマクラーレンの勢いをもう一度見せて下さい・・・



さて、次戦は連戦なので1週間後。【ドイツGP】です。


最後に。

「イギリスGPのリザルト」「イギリスGP終了時点でのドライバーズランキング」の一覧表です。



◆ イギリスGP [順位] ◆
順位 ドライバー
優勝  ニコ・ロズベルグ
2位  マーク・ウェバー
3位  フェルナンド・アロンソ
4位  ルイス・ハミルトン
5位  キミ・ライコネン
6位  フェリペ・マッサ
7位  エイドリアン・スーティル
8位  ダニエル・リチャルド
9位  ポール・ディ・レスタ
10位  ニコ・ヒュルケンベルグ
11位  パストール・マルドナード
12位  バルテリ・ボッタス
13位  ジェンソン・バトン
14位  エステバン・グティエレス
15位  シャルル・ピック
16位  ジュール・ビアンキ
17位  マックス・チルトン
18位  ギド・ヴァン・デル・ガルデ
19位  ロメ・グロジャン
20位  セルジオ・ペレス
R  セバスチャン・ベッテル
R  ジャン・エリック・ベルニュ
◆ ドライバーズランキング ◆
順位 ドライバー 合計 R1 R2 R3 R4 R5 R6 R7 R8 R9 R10 R11 R12 R13 R14 R15 R16 R17 R18 R19
1位  セバスチャン・ベッテル 132 15 25 12 25 12 18 25 R - - - - - - - - - - -
2位  フェルナンド・アロンソ 111 18 R 25 4 25 6 18 15 - - - - - - - - - - -
3位  キミ・ライコネン 98 25 6 18 18 18 1 2 10 - - - - - - - - - - -
4位  ルイス・ハミルトン 89 10 15 15 10 0 12 15 12 - - - - - - - - - - -
5位  マーク・ウェバー 87 8 18 R 6 10 15 12 18 - - - - - - - - - - -
6位  ニコ・ロズベルグ 82 R 12 R 2 8 25 10 25 - - - - - - - - - - -
7位  フェリペ・マッサ 57 12 10 8 0 15 R 4 8 - - - - - - - - - - -
8位  ポール・ディ・レスタ 36 4 R 4 12 6 2 6 2 - - - - - - - - - - -
9位  ロメ・グロジャン 26 1 8 2 15 R R 0 0 - - - - - - - - - - -
10位  ジェンソン・バトン 25 2 0 10 1 4 8 0 0 - - - - - - - - - - -
11位  エイドリアン・スーティル 23 6 R R 0 0 10 1 6 - - - - - - - - - - -
12位  ジャン・エリック・ベルニュ 13 0 1 0 0 R 4 8 R - - - - - - - - - - -
13位  セルジオ・ペレス 12 0 2 0 8 2 0 0 0 - - - - - - - - - - -
14位  ダニエル・リチャルド 11 R 0 6 0 1 R 0 4 - - - - - - - - - - -
15位  ニコ・ヒュルケンベルグ 6 R 4 1 0 0 0 R 1 - - - - - - - - - - -
16位  パストール・マルドナード 0 R R 0 0 0 R 0 0 - - - - - - - - - - -
17位  バルテリ・ボッタス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - - - - - - - - - - -
18位  エステバン・グティエレス 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - - - - - - - - - - -
19位  ジュール・ビアンキ 0 0 0 0 0 0 R 0 0 - - - - - - - - - - -
20位  シャルル・ピック 0 0 0 0 0 0 R 0 0 - - - - - - - - - - -
21位  マックス・チルトン 0 0 0 0 0 0 0 0 0 - - - - - - - - - - -
22位  ギド・ヴァン・デル・ガルデ 0 0 0 0 0 R 0 R 0 - - - - - - - - - - -




ではでは。
(※ 確認作業等、結構大変な時があるので、間違い・誤字・脱字等があった場合は、確認が出来次第こっそり修正しますので、ご了承下さい。)

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。