FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【結果】2012年 F1 第9戦 イギリスGPの感想。

気づけばもう金曜日。【アニメ最萌トーナメント2012】の記事を優先して更新していた為に、今頃になってしまいました。。


マクラーレン絶不調で記事を書く意欲があまり無いし、数日経って内容もうろ覚えになりつつあるので簡単に・・・・・・


(※ 思い出しながらなので、間違い等があるかもしれません。また、私的感情がかなり含まれるので、不快に思う事があるかもしれませんが、ご了承下さい。)

第9戦【イギリスGP】私的感想です。



◆◇◆ レッドブル - Red Bull Racing - ◆◇◆
セバスチャン・ベッテル
3位表彰台。
マッサ(フェラーリ)に押さえ込まれる時間が短かったならば、アロンソ(フェラーリ)を抜けていたかもしれませんね。

マーク・ウェバー
優勝
アロンソ(フェラーリ)優勝されるくらいなら。。」と思っていただけに、ラスト数週で逆転したのは嬉しかったです(汗)


◆◇◆ マクラーレン - Vodafone McLaren Mercedes - ◆◇◆
ジェンソン・バトン
10位フィニッシュ。
完全に「マッサ病」に感染したかな・・・。
とまぁ冗談はいいとして。。だったとは言え、「Q1」敗退はさすがにやってはいけないでしょ。。母国GPなのだから、なおさらの事です。
決勝レースでも最後までセナ(ウィリアムズ)を抜けないとか・・・。前のレースでは、(順位的に)同じ状況のウェバー(レッドブル)は4位まで順位を上げましたよ・・・
何をやってもダメだったりチームメイトもダメなところをみると、根本的にマシンの戦闘力不足なんだと思います・・・・・・

ルイス・ハミルトン
8位フィニッシュ。
かろうじて、予選と同じ順位でフィニッシュ。。
ピットでの作業は最速でも、コース上で周回する毎に他のマシンよりも遅いと、意味ないどころかマイナスにしかならないわけで・・・
まぁ、問題(ピット作業でのミス等)を一つ解決したのは良い事ですが、今度はマシンそのものをどうにかしないと、今後、タイトル争いは厳しくなると思います。。
ドライバーは頑張っているだけに、チームがそれ(マシンレベルの向上)に応えてあげないと・・・

レースには関係ないけど、「ボーダフォン」がスポンサーから離れるかもしれないとか、「コカ・コーラ」がスポンサーになるかもしれないとか。


◆◇◆ フェラーリ - Scuderia Ferrari Marlboro - ◆◇◆
フェルナンド・アロンソ
2位表彰台。
最後はタイヤが限界だった感じかな。それでも2位と、それまで築いたリードが幸いしましたね。
ただ、最後のピットストップを数週遅らせていれば、優勝も可能だったかもです。

フェリペ・マッサ
4位フィニッシュ。
いつもの彼じゃなくなった。マクラーレンに病気を伝染させて気分は良くなったのかな・・・(笑)
表彰台には届かなかったけど、調子は良さそうですね。本人も頑張っていたんだろうけど、彼の努力の割合よりもチームの頑張りの割合が大きく上回っていると思います。


◆◇◆ メルセデスAMG - Mercedes AMG Petronas F1 - ◆◇◆
ミハエル・シューマッハ
7位フィニッシュ。
相変わらず渋滞を作る原因になる事が多いなぁと感じました。。

ニコ・ロズベルグ
15位フィニッシュ。
「このレースで彼はいた・・・?」と思ってしまうほど、存在感が無かったかなと・・・


◆◇◆ ロータス - Lotus F1 Team - ◆◇◆
キミ・ライコネン
5位フィニッシュ。
このレースでも仕掛け(アタック)のタイミングが少し遅いんですよね。。ちょっと慎重にレースをし過ぎなのかなぁ。。

ロメ・グロジャン
6位フィニッシュ。


◆◇◆ フォース・インディア - Sahara Force India F1 Team - ◆◇◆
ポール・ディ・レスタ
リタイア。
予選では速い感じだったのに、決勝レースではスタート直後にコースオフ、そして最終的にはリタイアと残念です。

ニコ・ヒュルケンベルグ


◆◇◆ ザウバー - Sauber F1 Team - ◆◇◆
小林可夢偉
ピットクルーを轢いちゃダメでしょ。マシンが良くてもチャンスを掴んでも、自分でダメにしたのでは話にならないです。

セルジオ・ペレス
ピットアウト後にマルドナード(ウィリアムズ)「ボディアタック(笑)」をくらってクラッシュ、そのままリタイア。
冷静に考えると、マシン状態は良かったと思うので、あそこで仕掛けなくてもよかったかなぁと。相手は危険ドライバーのマルドナードだから、それを考慮すべきだったのかもしれませんね。。


◆◇◆ スクーデリア・トロロッソ - Scuderia Toro Rosso - ◆◇◆
ダニエル・リチャルド
13位フィニッシュ。

ジャン・エリック・ベルニュ
14位フィニッシュ。
まぁ、、このレースも「仲良しこよし」でお互いに近い順位でのフィニッシュ(笑)


◆◇◆ ウィリアムズ - Williams - ◆◇◆
パストール・マルドナード
まるで去年のマッサ(フェラーリ)みたいですね。とにかく接触し過ぎ。これはF1ですよ。接触をするようなマシンではありません。

ブルーノ・セナ


◆◇◆ ケーターハム - Team Caterham - ◆◇◆
ヘイキ・コバライネン ヴィタリー・ペトロフ


◆◇◆ HRT - Hispania F1 Team - ◆◇◆
ペドロ・デ・ラ・ロサ ナレイン・カーティケヤン


◆◇◆ マルシャ - Marussia F1 Team - ◆◇◆
ティモ・グロッグ シャルル・ピック




さて。

このレースの解説が○京さんだった為に、始終可夢偉可夢偉可夢偉と、うるさかったです。
ただでさえマクラーレンの調子が悪くて気分があまり良くなかった私なので、「あなた、うるさいよ!」と、何度も口に出してしまうほどでした。
アナウンサーも「火に油を注ぐように、話題を振ったり話を合わせないでよ!」って言うね。

ただね、あのピット時のトラブル以降は口数が減りましたね(笑)。可夢偉ファンには失礼だけど、ホッとしました。


そう言えば、編集が間に合わなかったのか分からないけれど、レース後のドライバーのインタビューがありませんでしたね。
あと、CMの頻度が地上波の頃に戻りつつあるような気がします。相変わらず編集は下手だし・・・。まぁ、観れるだけいいけどね。。



次戦は2週間後、【ドイツGP】


それでは。

Comments

ぶつかってはいませんね♪

いや、どう見てもぶつかってますからw
みなとさん、こんばんは。
終盤ウェバーのほうが速いのは明らかでしたが、あそこで抜きますかw
Anotherなら死んでた・・・じゃなくてハミルトンなら押し出されてたかもww
アロンソはタイヤでしょうね。インを締めたところをアウトからあっさりでしたから。
まあ、ここはポイントを稼げば十分でしょう。
ライコネンはなんとかしないといけませんね。残り3周でファステストでは追いつきません。。
勝てる戦略を選択してほしいものです。

次戦はホッケンハイム。昔は超高速サーキットだったんですけどね。
森の中のストレートでエンジンブローなんてのが懐かしいですw
ではまた。

懐かしいですね。。

こんばんは~。

今年の終盤にオーバーテイクされるシーンは「タイヤ」が原因になる事が非常に多いですね・・・。観ている側としては何か面白くないです。マクラーレンがオーバーテイクする側だとしてもね。。まぁ、少しは嬉しいけど(汗)

ロータスは、マシンが良くても戦略を少し変えないと優勝はできない気がする・・・

>ホッケンハイム
森の中へのロングストレートは特徴的で良かったんですけどね。。長い区間を全開で走るので、「エンジンは大丈夫!?」なんて思っていたり(汗)

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。