FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これはまともな考えじゃないと思う・・・

と言う事で、そろそろ【F1 -Formula1-】のシーズンになるわけですが。

まぁ、今回はバーレーンの情勢があんな状況なので、開幕は今月末のオーストラリアGPからになるけどね(汗)



さて。

バーニー・エクレストン氏が、まともではない事を言い出していますね。

「人工的に雨を降らせてレースを盛り上げる」

「ショー的要素の向上」の為(オーバーテイクを含む)の案だと言っていますが。

雨状態での走行がどれほど危険なのか、分かっていない人の発言ですよね。

「1998年のベルギーGPのスタート直後の多重クラッシュ」を忘れたのでしょうか?
この時はスタート直後と言う事で、マシンも接近していて多重クラッシュになったわけですが。

動画もアップしてみました。



また、視界も悪くなるので、オーバーテイクも逆に難しくなるんじゃないかなと。

こちらでもある動画を。
上記動画と同じレース中に起きた、もう一つのクラッシュ。



最初のビルヌーヴのクラッシュは、まさに雨が原因のクラッシュですね。

その後の動画は・・・
まぁね、、これの真相はどうなのか分かりませんが、そこは問題じゃなくて・・・
ハッキネンが既にリタイアしていたという事で、クルサードが故意に事故を起こして、タイトル争いをしていたシューマッハにここでのポイントをあげないようにした・・・なんて憶測もありましたね・・・)

バックマーカーの水しぶきによって前方の視界が悪くなった事によるクラッシュ。

と、そんな状況を意図的に作り出そうとしているなんて、どうかしていると思います。

近年(2009年だったかな?)では、雨による悪天候の為に、レースが途中で終了になった事だってあったじゃないですか。


F1に「ショー」を求めるのは何か間違っている気がします。おそらく、多くの人は「レース(勝負)」を望んでいるのではないでしょうか?

オーバーテイクを増やしたいのなら、「レース中の給油」を復活させるだけでもかなり変わると思います。
ただ、このシステムはピットクルーが危険にはなりますが・・・
でも、このシステムで序盤からのオーバーテイクは増えると思います。コースによって違いますけど、燃料の搭載量の差がレースペースに与える影響は結構大きいものですし。
燃料搭載量の差によって、下位のチームが上位のチームをオーバーテイクなんて事も、序盤からありえる可能性も。

コスト削減の為に廃止になったシステムだけど、「ピレリタイヤ」の耐久性の少なさで意図的にピットインを増やして「ショー」を盛り上げるくらいなら、こういったシステムで「レース」を盛り上げた方が良いと思いました。
また、強制的に何本もタイヤを消費させる事は、コスト削減をの逆をやっているようなものですし。



最後に。

合同テストの状況の感じだと、去年同様、今年もレッドブルが強そうですね。。
フェラーリも序盤からしっかりと勝ってきそうな展開。

そして、私の応援しているマクラーレンは・・・
今回も厳しい状況からスタートかな(汗)
テストでの走行不十分が響いてますね・・・。新車発表も遅らせた事が、さらに拍車をかけた感じで。。

この情報が戦略だったとしたら、もの凄い嬉しいんですけどね(汗)。実は順調で、開幕してみたらかなり強かったとか。。

まぁ、そんな余裕はないんだろうけど、、シーズン中に何とかして勝ってきたマクラーレン
今年もチャンピオン争いをして欲しいです。



それでは。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。